アンチエイジング情報局|若返りのコツ

MENU

若返りのコツ 顔のほうれい線が見た目年齢を左右する

アンチエイジング顔のほうれい線

ほうれい線を目立たなくすることが若返りのコツ!

 

口元にほうれい線が目立つと、たとえシワやシミが少なくてもそれだけで老けて見えるので損をしてしまいます。

 

ほうれい線を目立たなくするポイントは、表情筋と呼ばれるお肌の土台の筋肉を鍛えることです。

 

トレーニングの方法は色々ありますが、手軽にできるのは「ア、エ、イ、ウ、エ、オ、ア、オ」と発声練習のように大きく口を開けて、頬や口元の筋肉を使うやり方です。

 

これを1セットとし、大体5セットを毎日繰り返すと、筋肉を鍛えることで肌にハリが出てほうれい線の解消にもつながります。
気軽にできる簡単ホームケアで、若々しいお肌を手に入れましょう。

 

ほうれい線にも効くたるみを取り除くケアとは

 

ほうれい線は、顔の筋力が衰えたことと潤いが失われたことが原因です。年齢と共に筋力や潤いは減っていきますので、重力に従って下にさがり、たるみが表れるのは当然のことです。

 

改善するためには若返りのための対策を立てなければなりません。

 

まず筋力ですが、こちらは顔のストレッチを定期的に行うことで改善されます。

 

潤いの方は、ヒアルロン酸等の潤い効果の高い成分が含まれている化粧品を使ったケアが必要になります。肌の潤いは水分保持力にも関係しており、効果が表れてくれば水分をたっぷりと含んだもちもちとした肌に変わります。

 

ほうれい線を目立たなくする方法について

 

若返りの美容外科整形

見た目年齢をあげるほうれい線はたるみや加齢による表情筋の衰えに加え、生活習慣も原因のひとつです。程度が軽いものであれば、マッサージや口角をあげる運動でも対応ができますが、本格化している場合日常の努力での改善は困難です。

 

若返りの美容外科整形でヒアルロン酸やプラセンタを注入すると肌がふっくら弾力を取り戻し、目立たなくなります。

 

ボトックスで局所的に筋肉を麻痺させるのも効果的です。

 

こうした製剤は体内で消費されるのであくまで一時的なものであり、より永続性が高いものとしてレーザーや皮膚の中に糸を埋め込むリフトアップなどがあります。

 

若返りが実現したら今度は美しいボディになりたい思うと思います。最近では痩せる薬というものが購入することができます。

 

ゼニカルというお薬肥満症の方が使うお薬なのですが、病院の処方だけでなく海外からの輸入で購入することができます。
ゼニカルは、食べた食事の脂肪分30%を排出し食べたのに食べていないことになる本当にすごいお薬です。

 

くすりエクスプレスという個人輸入サイトでも痩せる薬ゼニカルは購入できます。

 

小さな胸をコンプレックスに感じているなら

 

胸が小さいことにコンプレックスを感じている女性の中には、豊胸手術などをして、バストアップを考えることもあるでしょう。
ですが、やはり不安も付き物だと思われます。手術となれば、体に傷をつけることになりますし、その他の方法でも、異物を体の中に入れることがあるからです。そして、それなりに高額出費となるわけですから、慎重に考える必要があるでしょう。
効果に個人差はありますが、異物を入れたり、手術をしなくても豊胸になれる方法として、リンパマッサージというものがあります。リンパの巡りをよくすることで、胸をきゅっと引き締めることが出来るのです。
また、根本的な解決にはならないかもしれませんが、下着などを上手く利用するという方法もあります。

 

小さな努力を重ねて

 

美しくなるためには、ただきれいになりたいと願うだけではいけません。行動が必要です。行動しなければ、何も変わりません。

 

きれいになりたい人は、実はお金をかけずにきれいになれるのです。

 

どんな方法を使うのでしょうか?たとえばですが、洗顔後に蜂蜜パックをするのはどうですか?

 

蜂蜜パックはただ単に蜂蜜を肌に塗るだけで、後にぬるま湯でしっかりとすすぎます。こうすることで、もちもちのお肌になります。

 

または足のリンパマッサージを毎日欠かさずに行うこともできます。マッサージは自分でしても気持ちいいです。足のむくみをとり、細くきれいな足にします。さらにお肌にいい食べ物を食べることもできます。野菜・フルーツ・海草などです。

 

また太らないように毎日体重計に乗るなど小さな努力の積み重ねで、とてもきれいになることができます。